依頼で意識すべき事

名刺を業者に依頼し、就活に役立てようと考える人は少なくありません。会社員が作るものと違い、自分でデザインや記載する情報を決め、業者にお願いする必要があります。なので、依頼段階で伝えるべき事をまとめておく事が大切です。

名刺作成

例えば、大学の中でサークルに所属している場合、代表や幹部である人もいることでしょう。そのような大学サークルの中での役職を肩書きとして名刺に書きたいと考えるかもしれませんが、必ずしもPRとしての効果を発揮するとは限らず、むしろマイナスに働いてしまう可能性も考えられます。学生同士で交換するものではなく、企業の採用担当者などと交換するのが大きな目的なので、そのような不要な肩書きは書かないようにしましょう。

また、SNSのアカウントやURLなどの情報は記載しない方針にします。自分をより深く知ってもらうには有効な手段とも考えられますが、不適切な内容が見つかってしまい、それが原因で採用に影響を及ぼす可能性もあります。誰に見られても恥ずかしくない、マイナスなイメージを与える事はないという場合には良いでしょうが、基本的にはSNSの情報は不必要と考えるべきです。

最後に、就活中はスーツやバッグなど、様々なところでお金がかかりますので、名刺の予算を下げたくなるかもしれません。しかし、低品質の名刺は逆効果になる心配もあるので、まともな名刺を用意しておくべきです。

デザインはどうする?

就活用に名刺を作るため、業者に依頼するとしても、どのようなデザインにするのか迷うと思います。少しでも採用担当者に良い印象を与えられるよう、名刺のデザインについては十分に理解しておくと良いでしょう。まず記載する情報ですが、無駄がなく、簡潔なものが望ましいです。

大学名、学部、学科、コース、氏名、電話番号、アドレスといったあたりが最低限必要な情報です。基本は相手と連絡を取る際に必要な情報は書くようにします。肩書きやペンネームなどは当然必要ありませんので、シンプルなデザインを意識して依頼しましょう。

また、デザインはシンプルにし、見た目より素材にこだわるのが良いです。奇抜にしたり、目立つような色合いにする必要はなく、白地に情報を記載しているくらいのイメージで良いでしょう。カラフルにするとお遊びと思われかねませんので、基本的にはシンプルを大切にします。デザインをシンプルにするため、紙質にはこだわっても良いです。名刺の第一印象となるのは手触りです。ペラペラの薄い紙の名刺はやめましょう。厚手の紙はしっかりした印象で手触りを重視した優しい紙は相手に柔らかい印象を与えるでしょう。名刺を渡す相手に与えたい印象をイメージしておくと作成する名刺の方向性が見つかるかもしれません。

名刺の手触りは第一印象に大きく影響します。
厚手の紙はしっかりした印象。表面に起伏のある手触りの優しい紙は柔らかい印象。など。
名刺で渡す相手に与えたい印象や業種を考えるとより効果的な名刺が出来上がります。

もしも、依頼する業者にサンプルなどをお願いできるのであれば、サンプルを手にしてみてから決めるのも良いでしょう。素材にこだわってみるのは良いことです。

就活用に名刺を作成

就活を行う時期になりますと、様々な企業へと足を運び、さらに多くの人たちに出会います。自身を紹介する手段として、名刺を用意しておく方法があります。当サイトでは、就活生が用意するべき名刺と、業者へ作成を依頼する事について紹介しています。

名刺を用意するのは正式に社会人になってからと考える人が多いかもしれません。ビジネスマンとなってから、名刺を用意し、取引先や営業の場面で交換する事は多いですが、今では就活の段階から名刺を用意されている事も多いです。就活の段階から名刺を用意しておくのには様々なメリットがあります。

名刺交換

例えば説明会やセミナーに参加した時、担当者との連絡先交換が簡単になりますし、OBやOGへの訪問もしやすくなります。なにより、採用担当者に名刺を渡す事で、それが強く印象に残しやすくなるため、そこは大きな利点と考えられるのではないでしょうか。

就活生とはいえ、自分が名刺を持っていると、会社の人たちも同じく、名刺を渡してくれるきっかけとなります。例えば企業説明会に参加した時に名刺を交換し、後になってお礼メールを送ると好印象を与えられる可能性があるでしょう。仮に好印象を与える結果とはならなくても、名刺を交換した就活生という形で、記憶の片隅に残っていてもらえるだけでも十分な成果です。

このように、就活生にとっても名刺はとても重要な役割があります。もし作るのであればデザインが良く、ある程度の枚数を用意しておいた方が良いので、専門の業者に依頼してみましょう。