デザインはどうする?

Pocket

就活用に名刺を作るため、業者に依頼するとしても、どのようなデザインにするのか迷うと思います。少しでも採用担当者に良い印象を与えられるよう、名刺のデザインについては十分に理解しておくと良いでしょう。まず記載する情報ですが、無駄がなく、簡潔なものが望ましいです。

大学名、学部、学科、コース、氏名、電話番号、アドレスといったあたりが最低限必要な情報です。基本は相手と連絡を取る際に必要な情報は書くようにします。肩書きやペンネームなどは当然必要ありませんので、シンプルなデザインを意識して依頼しましょう。

また、デザインはシンプルにし、見た目より素材にこだわるのが良いです。奇抜にしたり、目立つような色合いにする必要はなく、白地に情報を記載しているくらいのイメージで良いでしょう。カラフルにするとお遊びと思われかねませんので、基本的にはシンプルを大切にします。デザインをシンプルにするため、紙質にはこだわっても良いです。名刺の第一印象となるのは手触りです。ペラペラの薄い紙の名刺はやめましょう。厚手の紙はしっかりした印象で手触りを重視した優しい紙は相手に柔らかい印象を与えるでしょう。名刺を渡す相手に与えたい印象をイメージしておくと作成する名刺の方向性が見つかるかもしれません。

名刺の手触りは第一印象に大きく影響します。
厚手の紙はしっかりした印象。表面に起伏のある手触りの優しい紙は柔らかい印象。など。
名刺で渡す相手に与えたい印象や業種を考えるとより効果的な名刺が出来上がります。

もしも、依頼する業者にサンプルなどをお願いできるのであれば、サンプルを手にしてみてから決めるのも良いでしょう。素材にこだわってみるのは良いことです。

 

インパクトのある名刺のデザインを考えよう

デザイン営業の仕事をやっている人は、名刺のデザインを工夫するといいかもしれません。本で読んだのですが、名刺のデザインを変えたら、売り上げが一気にアップした人がいるそうです。 できるだけかっこよく、他の人とは違うデザインにするといいでしょう。他の人とは違うデザインにするといっても、ただ奇抜にすればいいというわけではありません。いかに美しくするかが重要です。その名刺を持っているのがうれしいと思ってもらえるように作るのです。

私が本で読んだ名刺のデザインは、ガラスのような透明感のある名刺です。一体、どんな素材を使って作ったのか、それはわかりませんが、かなりのインパクトがあるのは確かです。それに、見た目にも非常に美しく、その名刺を他の人に見せて話題にできるようなものでした。 思わず人に見せたくなるような、そんな名刺を作ることができたら、きっと売り上げがアップするでしょう。 ビジネスマンはたくさんの名刺をもらうわけですから、そのようにインパクトがなければ、すぐに忘れられてしまうのです。

 

名刺の特徴やデザインが力になる

ビジネスシーンで欠かせない名刺。営業に行って先方の方に会ったとき、挨拶をして名刺を渡しますよね。そのときにお話のあまり上手でない方や恥ずかしがり屋の方は相手と何を話して良いかわからず、「はじめまして、よろしくお願いします」からお話が続かない、なんて経験がないでしょうか。

実は、すぐそこにお話のネタは転がっているものです。名刺そのもののデザインや社章のデザイン、書いてある肩書きや持っている資格からお話のネタを拾い上げてみてはいかがでしょうか。私も結構人見知りだったり、人とお話しするのが苦手な方なんです。仕事は営業で、先方の会社によく伺うのですが、初めてあった方とどうしてもお話が長続きせず商談だけして帰ることが多々ありました。未熟な私が言うのも変ですが、ビジネスの入り口はどれだけ相手と仲良くなれるかだと思っています。

そんな時思いついた方法が、名刺から情報を拾ってそこから話を広げる、と言うものです。最近の名刺は結構ぶっ飛んだデザインのものもありますし、相手の情報は必ず載っています。そこを切り口に、例えば「御社の社章のデザインはどんな意味が込められているのですか」とか「変わったデザインの名刺をお持ちですね」なんて少し雑談をしてムードを作り、そこから商談に望むと言う方法をとったら案外良いお話も貰えたりしました。ぜひお話の苦手な方は試してもらいたい方法です。

管理者