就活用に名刺を作成

Pocket

就活を行う時期になりますと、様々な企業へと足を運び、さらに多くの人たちに出会います。自身を紹介する手段として、名刺を用意しておく方法があります。当サイトでは、就活生が用意するべき名刺と、業者へ作成を依頼する事について紹介しています。

名刺を用意するのは正式に社会人になってからと考える人が多いかもしれません。ビジネスマンとなってから、名刺を用意し、取引先や営業の場面で交換する事は多いですが、今では就活の段階から名刺を用意されている事も多いです。就活の段階から名刺を用意しておくのには様々なメリットがあります。

名刺交換

例えば説明会やセミナーに参加した時、担当者との連絡先交換が簡単になりますし、OBやOGへの訪問もしやすくなります。なにより、採用担当者に名刺を渡す事で、それが強く印象に残しやすくなるため、そこは大きな利点と考えられるのではないでしょうか。

就活生とはいえ、自分が名刺を持っていると、会社の人たちも同じく、名刺を渡してくれるきっかけとなります。例えば企業説明会に参加した時に名刺を交換し、後になってお礼メールを送ると好印象を与えられる可能性があるでしょう。仮に好印象を与える結果とはならなくても、名刺を交換した就活生という形で、記憶の片隅に残っていてもらえるだけでも十分な成果です。

このように、就活生にとっても名刺はとても重要な役割があります。もし作るのであればデザインが良く、ある程度の枚数を用意しておいた方が良いので、専門の業者に依頼してみましょう。

 

新社会人としての名刺の扱い方

新社会人になって、ほとんどの会社では新人研修の一環として、名刺の渡し方、受け取り方、置き方などを教わると思います。しかし近年では、インターネット上で出来るビジネスが増え、直接対人で会う機会が少なかったり、布教ゆえ入社した企業に研修費用や時間が無く、名刺についてのマナーを学ばないまま年齢を重ねてしまう事例も増えているのが実情です。 このような環境にいる場合は、まず最低限のマナーを覚え、自宅でロールプレイをしておくだけでも、いざという時には大変役立ちます。相手から名刺を受け取る際は両手で受け取り、自分から渡す場合も両手を添え、相手側から見て上下正しくなるよう(自分から見たら逆)に渡すだけでも、「この人は、ちゃんとマナーを知っている」と思わせることができ、それによって少なくない信頼を得られることができるでしょう。

特に、名刺に関するマナーを学びにくい業界では、そのような対応が出来るというだけで重宝がられることは間違いありません。 名刺のマナーについてビジネス関連のHPや雑誌を見ると、かなり厳密なように見えますが、私の10年近い経験では、受け渡しをしっかり行い、相手が目の前にいる時は名刺入れの上に相手の名刺を置き、話し合いが終わったら丁寧にしまう。この程度で十分、相手に誠意は伝わるでしょう。どうしても研修だとあれこれ細かく言われますが、細かいことにこだわって、本質を見失っては本末転倒ですよ。

 

営業をする名刺の作り方。

フリーランスをはじめ独立や起業をしたら、まず手を付けたい作業が名刺制作です。多くの人々が簡単に考えてしまいがちですが、実は有能な営業ツールなのです。では信頼ができて発注したいと思わせるには、一体どのようなコツがあるでしょうか?まず信頼のためには、本格的な会社である事をアピールする必要があります。最近では多くの人が気軽に名刺を作るようになりました。そのため携帯電話やフリーメールアドレスのみを記載しているケースも見られます。けれども受け取った担当者の中には、信頼性が薄いと判断する人もいるようです。

まず携帯電話に合わせて、固定電話をしっかりと表記することが大切です。次に起業には必須となったメールも、フリーメールアドレスは極力避け独自のドメインで勝負しましょう。今では安い価格で独自ドメインを購入できるようになりました。次に発注したいと思わせるための小さなコツをご紹介します。発注したいと思うためには、親しみが必要です。親しみを感じさせるのに強力なツールが、似顔絵や顔写真です。特に似顔絵はその人のイメージがデフォルメされるため、印象が良くなりやすいとされています。イラストの場合には、その絵に営業ツールを持たせるなど様々な工夫も可能です。その他、業務内容を補足した二つ折りタイプなどにも注目が集まっています。情報を増やして思いを伝えることで、発注しやすくなったり親しみを感じてもらえたりもするからです。このように様々な方法を駆使して、ぜひ営業してくれる強力なツールにしていきましょう。

管理者