依頼で意識すべき事

名刺を業者に依頼し、就活に役立てようと考える人は少なくありません。会社員が作るものと違い、自分でデザインや記載する情報を決め、業者にお願いする必要があります。なので、依頼段階で伝えるべき事をまとめておく事が大切です。

名刺作成

例えば、大学の中でサークルに所属している場合、代表や幹部である人もいることでしょう。そのような大学サークルの中での役職を肩書きとして名刺に書きたいと考えるかもしれませんが、必ずしもPRとしての効果を発揮するとは限らず、むしろマイナスに働いてしまう可能性も考えられます。学生同士で交換するものではなく、企業の採用担当者などと交換するのが大きな目的なので、そのような不要な肩書きは書かないようにしましょう。

また、SNSのアカウントやURLなどの情報は記載しない方針にします。自分をより深く知ってもらうには有効な手段とも考えられますが、不適切な内容が見つかってしまい、それが原因で採用に影響を及ぼす可能性もあります。誰に見られても恥ずかしくない、マイナスなイメージを与える事はないという場合には良いでしょうが、基本的にはSNSの情報は不必要と考えるべきです。

最後に、就活中はスーツやバッグなど、様々なところでお金がかかりますので、名刺の予算を下げたくなるかもしれません。しかし、低品質の名刺は逆効果になる心配もあるので、まともな名刺を用意しておくべきです。

 

 

名刺をお願いした業者の対応

名刺の制作会社はとても工夫していると思います。印刷関係で請け負うところもありますが、名刺の専門の会社もあります。そのようなところは、だいたい最低100枚一箱で購入するようですね。私も以前経費節減で、安いところを探したことがありました。知り合いのところから一般の業者までですが、とにかく私のところのような会社は人数が少ないのでたいした対応はしてくれないだろうと思っていましたが、数件の名刺の製作会社の何処でも親切に対応してくれました。

また早さもその頃では大変早く出来ましたので、ビックリしたのを覚えています。たまたまそういう親切なところばかりに当たったのかもしれませんが、競争が激しいので当然サービスも他より良くしないといけないということなのかもしれません。また出来上がった名刺も思った以上に立派で満足しました。会社の始めの頃なの会社のマークも出来ていなかったのも急いでつくり、後から間に合わせてもらいました。それも色々ありましたがこちらの不備なのにそれも良い対応でした。本当はもっと奇抜なものが欲しかったのですし、そういうものもカタログにありましたが、さすがに良いものは高いので手が出ませんでした。しかし良いものはさすがに魅力がありました。

 

名刺の内容に変更があったときは

名刺の内容に変更があったときにはどうすればいいのでしょうか。変更のあった部分だけ修正液などを使って消して正しく書き直すという方法もありますが、これはビジネスのシーンではお奨めできません。というのも先方さんに対して非常に失礼になるからです。修正液を使うということは見た目にもあまりきれいなものではありませんし、さらに存在をないがしろにされていると思われてしまう可能性もあります。ですのでこのようなやり方はやめてください。基本的には内容に変更があったときには全て名刺の印刷をしなおしてください。もったいないように思われるかもしれませんがこれがお勧めです。

ちなみに女性の場合ですと結婚をすると苗字が変わることもありますが、ビジネスのシーンでは旧姓のままで活動することも多いですのでそのままで使い続けることもできます。名刺の内容が頻繁に変わることはあまりないと思われても自分の意思とは関係なく変更になる可能性がありますので。名刺は一度にあまり沢山作りすぎないようにしてください。その都度必要な分だけ作るようにしてください。最近では名刺の印刷業者もかなり早く作ってくれますし、すぐに配送をしてくれます。沢山作ってストックしておく必要はありません。

 

 

 

 

デザインはどうする?

就活用に名刺を作るため、業者に依頼するとしても、どのようなデザインにするのか迷うと思います。少しでも採用担当者に良い印象を与えられるよう、名刺のデザインについては十分に理解しておくと良いでしょう。まず記載する情報ですが、無駄がなく、簡潔なものが望ましいです。

大学名、学部、学科、コース、氏名、電話番号、アドレスといったあたりが最低限必要な情報です。基本は相手と連絡を取る際に必要な情報は書くようにします。肩書きやペンネームなどは当然必要ありませんので、シンプルなデザインを意識して依頼しましょう。

また、デザインはシンプルにし、見た目より素材にこだわるのが良いです。奇抜にしたり、目立つような色合いにする必要はなく、白地に情報を記載しているくらいのイメージで良いでしょう。カラフルにするとお遊びと思われかねませんので、基本的にはシンプルを大切にします。デザインをシンプルにするため、紙質にはこだわっても良いです。名刺の第一印象となるのは手触りです。ペラペラの薄い紙の名刺はやめましょう。厚手の紙はしっかりした印象で手触りを重視した優しい紙は相手に柔らかい印象を与えるでしょう。名刺を渡す相手に与えたい印象をイメージしておくと作成する名刺の方向性が見つかるかもしれません。

名刺の手触りは第一印象に大きく影響します。
厚手の紙はしっかりした印象。表面に起伏のある手触りの優しい紙は柔らかい印象。など。
名刺で渡す相手に与えたい印象や業種を考えるとより効果的な名刺が出来上がります。

もしも、依頼する業者にサンプルなどをお願いできるのであれば、サンプルを手にしてみてから決めるのも良いでしょう。素材にこだわってみるのは良いことです。

 

インパクトのある名刺のデザインを考えよう

デザイン営業の仕事をやっている人は、名刺のデザインを工夫するといいかもしれません。本で読んだのですが、名刺のデザインを変えたら、売り上げが一気にアップした人がいるそうです。 できるだけかっこよく、他の人とは違うデザインにするといいでしょう。他の人とは違うデザインにするといっても、ただ奇抜にすればいいというわけではありません。いかに美しくするかが重要です。その名刺を持っているのがうれしいと思ってもらえるように作るのです。

私が本で読んだ名刺のデザインは、ガラスのような透明感のある名刺です。一体、どんな素材を使って作ったのか、それはわかりませんが、かなりのインパクトがあるのは確かです。それに、見た目にも非常に美しく、その名刺を他の人に見せて話題にできるようなものでした。 思わず人に見せたくなるような、そんな名刺を作ることができたら、きっと売り上げがアップするでしょう。 ビジネスマンはたくさんの名刺をもらうわけですから、そのようにインパクトがなければ、すぐに忘れられてしまうのです。

 

名刺の特徴やデザインが力になる

ビジネスシーンで欠かせない名刺。営業に行って先方の方に会ったとき、挨拶をして名刺を渡しますよね。そのときにお話のあまり上手でない方や恥ずかしがり屋の方は相手と何を話して良いかわからず、「はじめまして、よろしくお願いします」からお話が続かない、なんて経験がないでしょうか。

実は、すぐそこにお話のネタは転がっているものです。名刺そのもののデザインや社章のデザイン、書いてある肩書きや持っている資格からお話のネタを拾い上げてみてはいかがでしょうか。私も結構人見知りだったり、人とお話しするのが苦手な方なんです。仕事は営業で、先方の会社によく伺うのですが、初めてあった方とどうしてもお話が長続きせず商談だけして帰ることが多々ありました。未熟な私が言うのも変ですが、ビジネスの入り口はどれだけ相手と仲良くなれるかだと思っています。

そんな時思いついた方法が、名刺から情報を拾ってそこから話を広げる、と言うものです。最近の名刺は結構ぶっ飛んだデザインのものもありますし、相手の情報は必ず載っています。そこを切り口に、例えば「御社の社章のデザインはどんな意味が込められているのですか」とか「変わったデザインの名刺をお持ちですね」なんて少し雑談をしてムードを作り、そこから商談に望むと言う方法をとったら案外良いお話も貰えたりしました。ぜひお話の苦手な方は試してもらいたい方法です。

就活用に名刺を作成

就活を行う時期になりますと、様々な企業へと足を運び、さらに多くの人たちに出会います。自身を紹介する手段として、名刺を用意しておく方法があります。当サイトでは、就活生が用意するべき名刺と、業者へ作成を依頼する事について紹介しています。

名刺を用意するのは正式に社会人になってからと考える人が多いかもしれません。ビジネスマンとなってから、名刺を用意し、取引先や営業の場面で交換する事は多いですが、今では就活の段階から名刺を用意されている事も多いです。就活の段階から名刺を用意しておくのには様々なメリットがあります。

名刺交換

例えば説明会やセミナーに参加した時、担当者との連絡先交換が簡単になりますし、OBやOGへの訪問もしやすくなります。なにより、採用担当者に名刺を渡す事で、それが強く印象に残しやすくなるため、そこは大きな利点と考えられるのではないでしょうか。

就活生とはいえ、自分が名刺を持っていると、会社の人たちも同じく、名刺を渡してくれるきっかけとなります。例えば企業説明会に参加した時に名刺を交換し、後になってお礼メールを送ると好印象を与えられる可能性があるでしょう。仮に好印象を与える結果とはならなくても、名刺を交換した就活生という形で、記憶の片隅に残っていてもらえるだけでも十分な成果です。

このように、就活生にとっても名刺はとても重要な役割があります。もし作るのであればデザインが良く、ある程度の枚数を用意しておいた方が良いので、専門の業者に依頼してみましょう。

 

新社会人としての名刺の扱い方

新社会人になって、ほとんどの会社では新人研修の一環として、名刺の渡し方、受け取り方、置き方などを教わると思います。しかし近年では、インターネット上で出来るビジネスが増え、直接対人で会う機会が少なかったり、布教ゆえ入社した企業に研修費用や時間が無く、名刺についてのマナーを学ばないまま年齢を重ねてしまう事例も増えているのが実情です。 このような環境にいる場合は、まず最低限のマナーを覚え、自宅でロールプレイをしておくだけでも、いざという時には大変役立ちます。相手から名刺を受け取る際は両手で受け取り、自分から渡す場合も両手を添え、相手側から見て上下正しくなるよう(自分から見たら逆)に渡すだけでも、「この人は、ちゃんとマナーを知っている」と思わせることができ、それによって少なくない信頼を得られることができるでしょう。

特に、名刺に関するマナーを学びにくい業界では、そのような対応が出来るというだけで重宝がられることは間違いありません。 名刺のマナーについてビジネス関連のHPや雑誌を見ると、かなり厳密なように見えますが、私の10年近い経験では、受け渡しをしっかり行い、相手が目の前にいる時は名刺入れの上に相手の名刺を置き、話し合いが終わったら丁寧にしまう。この程度で十分、相手に誠意は伝わるでしょう。どうしても研修だとあれこれ細かく言われますが、細かいことにこだわって、本質を見失っては本末転倒ですよ。

 

営業をする名刺の作り方。

フリーランスをはじめ独立や起業をしたら、まず手を付けたい作業が名刺制作です。多くの人々が簡単に考えてしまいがちですが、実は有能な営業ツールなのです。では信頼ができて発注したいと思わせるには、一体どのようなコツがあるでしょうか?まず信頼のためには、本格的な会社である事をアピールする必要があります。最近では多くの人が気軽に名刺を作るようになりました。そのため携帯電話やフリーメールアドレスのみを記載しているケースも見られます。けれども受け取った担当者の中には、信頼性が薄いと判断する人もいるようです。

まず携帯電話に合わせて、固定電話をしっかりと表記することが大切です。次に起業には必須となったメールも、フリーメールアドレスは極力避け独自のドメインで勝負しましょう。今では安い価格で独自ドメインを購入できるようになりました。次に発注したいと思わせるための小さなコツをご紹介します。発注したいと思うためには、親しみが必要です。親しみを感じさせるのに強力なツールが、似顔絵や顔写真です。特に似顔絵はその人のイメージがデフォルメされるため、印象が良くなりやすいとされています。イラストの場合には、その絵に営業ツールを持たせるなど様々な工夫も可能です。その他、業務内容を補足した二つ折りタイプなどにも注目が集まっています。情報を増やして思いを伝えることで、発注しやすくなったり親しみを感じてもらえたりもするからです。このように様々な方法を駆使して、ぜひ営業してくれる強力なツールにしていきましょう。